新制限覇王魔術師について

久しぶりの更新です。

コマンドです。

f:id:mixmax839:20180416215648j:plain
f:id:mixmax839:20180416215701j:plain

ダークヴルムと虹彩の魔術師が制限になりましたね。

覇王魔術師に大きな影響を与えました。

3月下旬には多くの方がやめてしまったかEM魔術師へ移動したのかと思います。

ですが、私はなんとかして覇王魔術師を継続できないか考えてみました。

はじめは新制限公開直後、ダークヴルムが制限であるため、覇王魔術師としてはデッキが成り立たないだろうと判断し、カーテンライザー、レスキューラビット、竜脈の魔術師を入れて、一番スタンダードな純魔術師を試してみました。

f:id:mixmax839:20180416215420j:plain
f:id:mixmax839:20180416215443j:plain
f:id:mixmax839:20180416215459j:plain

ですが、これらは失敗でした。

確かにどれも強いカードですが、覇王魔術師に比べてアドの取り方が中途半端でした。

それに安定性が強みの覇王魔術師をやめるとオッドアイズレボリューションドラゴンがいなくなり、戦術の幅や事故率にも大きく影響を与えてしまいます。

f:id:mixmax839:20180416220912j:plain

やはり、オッドアイズレボリューションドラゴンとダークヴルムの存在が一番大きいと考え、改めて覇王魔術師の継続を試みました。

するとあることに気が付きました。

「枚数少ないカードを増やせば良くね?」

至ってシンプルイズベストな考えですが、実はその考えが覇王魔術師継続への鍵となりました。

f:id:mixmax839:20180416221508j:plain
f:id:mixmax839:20180416221450j:plain

普段は紫毒の魔術師と虹彩の魔術師だけで間に合っていたため、空気と化していた黒牙の魔術師とオッドアイズ魔術師が流行っていた頃に地味に活躍していた賤竜の魔術師をフル投入してみました。

どちらの魔術師も以前から見かけませんでしたが、私は前々からおまけ程度に採用していたので、すぐにこの2枚の魔術師を増やそうという考えに行きました。

さらに星霜のペンデュラムグラフを追加し、覇王魔術師の安定性を取り戻すことができました。

その結果の構築がこちらになります。

f:id:mixmax839:20180416222149j:plain

先日この構築でCSに参加しました。

ベスト16入賞ではありましたが、しっかりと戦えると証明できました。

先程、私は「純魔術師をやってみて失敗した」と言いましたが、あくまで個人的な意見です。

もちろん、カードによって個人差があり、どの型の魔術師が一番いい等と意見が分かれます。

f:id:mixmax839:20180416223632j:plain

私自身もどの魔術師が正解とは言えません。

自分が気に入った型の魔術師を使うことが一番だと私は思います。

魔術師というテーマは様々な可能性を秘めているので、是非ともその可能性を自分の手で編み出してはいかがでしょうか?

私もまだまだ覇王魔術師で頑張りますので、魔術師使いの方は応援します!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

f:id:mixmax839:20180416224139j:plain